2016年が新しいライフステージの入り口になるように:結婚、してみませんか(21)(22)

2012年11月24日からAmeblo で22回に亘って、結婚をテーマに投稿。
その投稿を消去し、こちらの<世代通信.net>に転載。
内容を再確認し、修正したり、付け足ししたりしつつ 今思う別の観点も
加えて結婚を考えてみる <結婚、してみませんか>シリーズ。

22回分、順に思い起こして一つずつ再掲してきましたが、時も過ぎて
もう2015年も終わろうとしています。
残りあと5回分となり、年内に完了すべくここ数日連載してきました。
『保育崩壊』保育士不足から」シリーズも、区切りがつかないままの
状態なので、こちらも年内に終わらせることにしたため、
この「結婚、してみませんか」の最後の22回目もここで合わせて掲載
し、終了することにしました。

-------------------------------
Ameblo編・第21回:条件主義?の婚活・恋愛心理②
-------------------------------

(2012年の、ある日経MJ掲載記事からの引用になります。 )

連載 『日経ウーマン佐藤珠希編集長の「女性真理学」』:
<婚活ブーム化の新事情>:条件重視の恋愛に疲れ」 をヒントに
(その2)です。

「婚活」とは、出会いの機会の提供・演出の場への参加 ですね。
婚活ビジネスへの参加・利用は、個人情報や希望条件 などの登録が
必須であり、相手の属性・要望とマッチング。
その出会いの機会に感じる相手への直感・印象。

この時に、「感じがいいな!」、「よさそう!」、「話をしてみたい!」
直感的に感じるかどうか・・・。

そこでは、「恋」という感覚は、婚活というきっかけのため、 まだない
ですね。

むしろ、また会う機会を持ってみたい、会って話をして みたいという
「好意」に近い感覚。

もしかしたら「ひらめき」があるかもしれない・・・。
それらがあって、次の段階に進む。
これは、通常の男女の出会いと変わらないものです。

ただ、婚活の場合は、多少難しいと感じても、何かしらの プレッシャー
打算や義務的な要因が働いて、初期の付き 合いの段階や一応会ってみ
る、
という風に進んでしまうので はありませんか?

(経験がないので間違っているかもしれませんが・・・。)

婚活での気持ちは、「恋愛」視点ではなく、機会を持つこと、 時間を
掛けてみて、「愛情」を芽生えさせ、育む可能性をお互いに見出せるか
どうかの勝負?

認めるモノ、認められないコト、許せるコト、妥協できないコトなど
を確認しつつ、その上で「愛情」を持つことができるか、 愛し合える
可能性を感じるか・・・。

条件闘争?から、条件はさておいて、相互に「愛情」対象として自分を
伝え、表現しあうことができるようにしていく・・・。

本音・本心の確認を避けてばかりいれば、韓流ドラマの ヒロイン疑似
夢想体験の無限極楽(=地獄)コースへの誘い に負けてしまうに違い
ありません。

「恋愛」相手探しではなく 「愛情」を育む機会・可能性を 探す「婚活」。

その大切さを感じることができれば、「条件」面の重要性は、 少しは
ゆるむのではとも思っています。


そんな甘いもんじゃない!
そんな声も聞こえてきそうな・・・。

※2012-12-19投稿記事の転載です。


-------------------------------
Ameblo編・第22回:離婚しないノウハウ付「婚活ツアー」
-------------------------------

(2012年12月19日の日経MJ掲載記事から)

日本旅行が、離婚式プランナー「寺井広樹氏」監修 の 離婚しないための
ノウハウを学ぶコンセプトの 「婚活ツアー」の販売開始。

ツアー名が 「離婚しないために学ぶ婚活ツアー in 京都」
未婚の男女対象で、来年(2013年)2月に1泊2日の日程で 実施。

同氏の離婚事例を交えたノウハウ講話、京都の パワースポット巡り、安井
金刀比羅宮での良縁祈 願などの プログラムで構成。

遊び心一杯の企画というか、懇切丁寧というか、真剣味一杯というか、商
たくましいというか・・・。

既婚者も参加したくなる、面白そうな内容のツアー。

定員40人(内10人は京都からの参加組)は、あっ という間に埋まったよう
です。

これならば、「離婚記念ツアー」があってもいいで すね・・・。

「離婚踏ん切りツアー」のはずが、離婚を取りやめ るカップルがでたり、
最後
の思い出作りツアーとする とか、最後のバトルの場を設けるとか・・・。

今付きあっているカップルは、ぜひ旅行に一緒にでかけて、その機会に、
性格
その他色々、先々一緒 にやっていけそうかどうかチェックしてみる・・・。

ご自分企画の離婚可能性チェックツアー、相性確認ツアー、お別れ記念ツアー、
別れダメ押しツアーなど 各種オリジナルツアーをぜひどうぞ!

※2012-12-22投稿記事の転載です。


----------------------------------

3年前の婚活事情や恋愛・結婚意識などを、当時のマスコミ記事や私自身の
考えをもとにAmebloで連載。

主な目的は、結婚とは何のためにするのか、種々の要素・要因を含む結婚は、
そのすべてを満たす必要はなく、打算あり、恋愛あり、成り行きありの多様
性を持つものであることをお伝えしたかったこと。

そして、その要素・要因は、変化・変質していくもので、結婚に至らない場合、
結婚に至っても継続することがないこと、破綻する可能性もあることも・・・。

どういう結果になるか分かりませんが、一度しかない人生ですから、単身生
活だけで人生を終わるのではなく、夫婦や家族という一つの単位社会を持ち、
一つのオリジナルのライフステージを創造・演出してみるのもいいのでは・・・。

不謹慎かもしれませんが、結婚しなければいけない、とか結婚しないとはたが
どうとか、とは関係なく、自分の意志で、愛情または愛情らしき感情をもって
人間関係を育んでいく・・・。
そんなに真剣でなく、思い悩んででもなく、結婚という形式を選ばず、同棲で
も構わず、慰め、励まし、悩みや困難を時に共有するパートナーを!

軽めの感じでいいと思うのです。

もうそろそろ帰省する人の流れも起き、1年の締めくくりと始まりがつながる
時期が来ます。

合わせて、異なる世代が同じ時期を重ね合って生き、それぞれの新しい年を迎
える時期。

まだ結婚していない人、結婚してみようかと思う人、
絶対結婚するぞと思っている人、結婚してみてもいいかなと思っている人、
今の結婚に終止符を打って、新しく出直したいと思っている人・・・。

みなそれぞれに新しい年が、新しい、別のライフステージへの入り口になり
ますように・・・。

 

 

関連記事一覧