水素エネ重視への転換の意味と不可欠な共通認識



前回、
水素社会実現をめざす再生エネルギー戦略、ようやく政府・経産省に意識転換の芽?
と題して、<環境・エネルギー>課題について投稿しました。
今回は、やはり最近の日経記事を参考にしつつ、現実問題として、より具体的に
確認しておきたいと思います。

-----------------------------------

まず、2018/3/24付の
政府、水素エネ重視に転換 基本計画に今夏明記 インフラ輸出へ先手
と題したレポートでは・・・

水素エネルギーの特徴と水素普及のための課題

政府が究極のクリーンエネルギーとされる水素を重視する方向に踏み込む。
エネルギー基本計画で低炭素社会実現に向けた重要な手段として水素を活用する方針
を明記。

水素ガスは水を電気分解するなどして生成する。
燃焼しても水しか排出しないため、環境に優しいエネルギーである。

として、需給面、技術面などから、普及・実現をめぐる諸課題を取り上げつつ、これ

からへの期待を表明しています。

詳しくは、上記のリンクした記事を確認ください。

また、この記事とセットで、水素エネ普及が燃料電池車にかかっているという視点で、
燃料電池車、水素普及のカギ トヨタ、コスト削減に力
と題した記事を添えています。
合わせてチェックして頂ければと思います。

真の水素社会とは?

記事の論調には、水素エネルギー社会の実現は、FCV燃料電池車の普及度に依存しているか
のように感じさせるところがあります。
しかし、水素社会は、FCVで実現されるのではなく、CO2フリーで低コストの水素エネル
ギーが電力に転換され、一般家庭及び事業所需要を満たすことを目標とするものです。

ただし、水素エネルギーは、LPGや何らかの炭素原料などの化石燃料から作る水素を用いる
のではなく、再生可能エネルギーを用いて製造してこそ、完全なCO2フリーエネルギーと呼
ぶことができます。

この時、素人として思うのは、水から、省エネによる何らかの化学反応等で水素を抽出する画
期的な技術が開発されないかという期待です。
日本にある自然資源の最大のものは、水です。
近年では、多大な被害をもたらし続けている豪雨・大雨災害の元凶である水。
すべては、河川から日本列島を囲む四方の海に還るのですが、それを水素資源に換える技術。

日本にしかできない低コストでの水素製造技術開発を夢見ているのですが・・・。

FCV車の普及への期待にだけとどまっているようでは、あまりそのミライは明るくないよう
な気がします。
水素ステーションはFCVへの供給のためにあるのではなく、私たちの日常生活における簡便
な水素エネルギー供給ポイントになれば、普及のスピードもコストも求めるものに近づくでし
ょう。
いずれは、一家に一台、水素ステーションスタンド(機器)が備えられている・・・。

 

水素社会実現のための3つの柱。太陽光発電、燃料電池、水素エネルギー開発

水素社会はいきなり実現するものではありません。
そのプロセスで、そして水素社会実現時も、もう一つ軸になるのは太陽光発電であるべきです。

安定性やコスト問題は、実は最大の課題である送配電網システムとコスト問題の改善と合わせ
て解決・解消させるべきです。
そしてそれは技術開発と規制撤廃で可能になります。

そして太陽光発電は、一般消費者・生活者、地域社会におけるエネルギー基盤として、まさに
網の目のように面展開されるでしょう。
加えて、製造業工場や大規模企業建築物におけるエネルギー供給源として、一層拡大していく
ことが可能でしょう。
どちらにおいてもエネルギーの地産地消、自産自消を推し進めるのです。

その地道なプロセスと並行して、水素エネルギー社会実現の取り組みを、3年計画の積み重ね
で進めていく。
いきなり2030年や2050年がやってくるわけではありません。

風力発電、地熱発電、バイオマス発電など再生可能エネルギ―の課題は多種ありますが、最重
点はやはり太陽光発電に据え、次世代型として水素エネルギー化を位置付ける。
そして、当面EV電気自動車を想定しての燃料電池の実用化の幅を拡大すべく、3本柱の一つ
に加える。

 

風力発電、地熱発電、バイオマス発電は、海外の適地における開発投資を重点とし、その技術を
獲得・確立することで、収益化やグローバル社会での貢献に結びつける。
そして限られた国内の適地での開発も効率的に行うわけです。

そんなシナリオを、素人はイメージするのですが・・・。

 

--------------------------------------------


-------------------------------------
これまでの仮想通貨で失敗した人、うまくいかなかった人に、不成功体験をリセットし、
確実な「仮想通貨投資」をお教えします。
「保険の窓口」ではなく、「ICOの窓口」が、そのリスタートと成功を懇切丁寧に支援します。
詳しくはこちらから
http://ap-asp.com/ad/10020/769944

----------------------------------------



-------------------------------------


関連記事一覧