認可保育所と認可外保育所の違い

 

国と都道府県の認可が必要な認可保育所

認可保育所とは、
1.児童福祉法に基づく
2.国が定めた施設面積、保育士等職員数、給食設備、防災管理、衛生管理等の設置基準を満たし
3.都道府県知事が認可した
児童福祉施設です。

4.保護者が仕事や病気などにより、0歳~小学校就学前の子どもの保育ができない場合に、
子どもを預かって保育します。
 (但し、0歳児枠がない保育所があります。)
5.区市町村が運営する公立保育所社会福祉法人などが運営する民間保育所(私立)があり
6.公費により運営されます。

なお、
7.小規模認可保育所の定員は20人以上、一般の認可保育所の定員は60人以上で
8.入所申し込みは市区町村に行い、保育料も市区町村が徴収します。

 

認可外保育所とその特徴

一方、認可外保育所とは

1.無認可保育所、認可外保育施設とも呼ばれ、上記の認可保育所以外の保育施設を言い

2.ベビーホテル、駅型保育所・駅前保育所
他の法令・通達などで規定された事業所内保育所病院内保育所
へき地保育所、季節保育所などがそれに当たります。
耳にしたことがある保育所もあると思います。

3.3歳未満児保育、延長保育・24時間保育などの受け皿となっている保育所も多く、
待機児童対策なども背景に、今後認可外保育所の数、質とサービスの向上が求められています。

4.利用を希望する場合は施設に申し込み
5.サービス内容や保育料は原則として施設側が自由に設定できます。
(但し、料金の上限等、何かしらの規制はあります。)

認可保育所としての基準を満たさない施設と見られますが、
6.認可に要する規制を嫌い、認可水準を満たしながらも認可外保育施設を選択する、
あるいは認可保育所と認可外保育施設を併設して幅広いニーズにこたえる事業者も見られます。

 

認証保育所は東京都独自の制度に基づく保育所

認可保育所と1文字違いの「認証保育所」というのがあります。
こちらは、東京都独自の政策と基準で設置・認可した保育所です。
認可保育所と認証保育所の違いは、別のコラムで紹介します。

保育所と保育園の違いについても
別のコラムで述べます。

-----------------------------




--------------------------------

関連記事一覧