10年余で実現・定着したフランスの「父親育児」システムの要諦:『フランスはどう少子化を克服したか』より(10)


-------------------------------
出生率2.0のフランス。
日本人女性による、実体験に基づくフランスの実情を知ることができる書
フランスはどう少子化を克服したか』(高崎順子氏著・2016/10/20刊)。
その内容を、少しずつ紹介しながら、少子化社会と子育て・教育のこれから
について考えていきます。

「はじめに」
第1回:衝撃の実態・制度を、仏在住日本人ママが体験調査レポート
第2回:日仏の保育政策・制度の違いは、子育てに対する認識の違いにあり
第3回:親だけで子供を守り育てることはできないと考える仏社会
「第1章 男を2週間で父親にする」
第4回:イクメンなど足元にも及ばぬフランスの「男を父親にする」産休プログラム
第5回:男の産休=出産有給休暇3日間+11日連続「子供の受け入れ及び父親休暇」=有給
第6回:日本にもフランス風に、イクメン養成初級プログラムを育児有給休暇制度で!
第7回:フランスのパパは、育児を手伝うのではなく、分担する!
第8回:出産ファースト、育児ファースト。父親産休は当たり前のフランス文化
第9回:家族政策の大転換に成功したフランス。家族制度を払しょくできない日本の少子化政策

今回は、通算第10回です。

--------------------
 育児の先生は助産師
--------------------

歴史が浅い上に前例のない「お父さん育児」をサポートする第一の存在が、助産師。

として、フランスでの助産師のステイタスの高さ、役割の重要性、その仕事内容な
どについて詳しくレポートしているのが35ページから39ページのこの項です。

 

-----------------------------------

 至れり尽くせりで、反対に、主体性がなくなってしまうのでは、と少し不安にもなる父親準備・
父親養成システムです。
確かに育児は、母親と父親双方の共同・分担作業ですから、ここまでやってもらってちょうど
いいのかもしれませんが・・・。

でも、どこか、旧弊としての母性論、母親とはこうあるべき論の裏返しのパターンのような気も
してしまいます。まだまだ、私自身も頭が堅いということかもしれません。

まあそうした「父親育児」システムの基盤になっている助産師制度
こちらの方に、日本との違いでの興味関心を持ちます。
しかし、元々、私の小さい頃は、日本も出産は助産婦さんの出番。
助産婦は、必要不可欠な職種だったのですが、大きく変わってしまった・・・。
このフランス式を考えると、復活してもいいと思うのですが、年間出生数が100万人を下回るま
でに至った少子化社会では、産婦人科医師と看護師の猛反対にあいそうです。

「子の誕生と親になるにあたっての準備クラス」に関する勧告書

その内容は、非常に大切なことで、日本でもこうした基盤・組織体制・支援システムを整備し、
導入すべきと考えます。
特に
◆それぞれのカップルに寄り添う。カップルに弱点があり、誕生する子との親子関係に問題が発生
する可能性が見られる場合は事前にスクリーニングし、対応する。
◆情報や指標を与え、カップルが「親になる」作業を支援する。親子関係の構築や、子供が育つた
めに必要な物資、教育、愛情面での必要性などについて
という項目については、育児放棄やDVのリスクの芽を早期につむためにも欠かせません。

フランスにこうした制度・社会システムが誕生して、まだ10数年。
やればできる、その気になれば実現可能。
少子化政策の本気度・真剣度は、まさに変革レベル、変革モードと呼べる新たな方針・政策への
転換でのみ、評価可能なのです。

 

※次回、<父親にも産後うつが> に続きます。

-----------------------------------

【『フランスはどう少子化を克服したか』構成】
はじめに
第1章 男を2週間で父親にする
第2章 子どもは「お腹を痛めて」産まなくてもいい
第3章 保育園には、連絡帳も運動会もない
第4章 ベビーシッターの進化形「母親アシスタント」
第5章 3歳からは全員、学校に行く
おわりに

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【高崎順子氏・プロフィール】
1974年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。
2000年渡仏してライターに。
「食」を得意分野とし、著書に『パリ生まれ プップおばさんの料理帖』
(共著)など。パリ郊外在住。

----------------------------------




------------------------------------

小林美希氏著

☆☆☆『ルポ 保育崩壊』(2015年4月21日刊・岩波新書)

カスタマーレビューページ

☆☆☆☆『ルポ 保育格差』(2018年4月20日刊・岩波新書)

カスタマーレビューページ

稲熊弘子氏著

☆☆☆『「子育て」という政治 少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか?』(2014年7月25日刊・角川SSC新書)

カスタマーレビューページ

前田正子氏著

☆☆☆『保育園問題 待機児童、保育士不足、建設反対運動』(2017年4月25日刊:中公新書)

カスタマーレビューページ

関連記事一覧