希望年収600万円以上の適齢期の未婚男性5.7%の狭き門への戦い:『「婚活」症候群』から(4)

「婚活」という言葉を世に送り出しブームを起こした、
「婚活」時代
白河桃子・山田昌弘氏共著・2008/3/1刊・ディスカバー携書)
そこから産まれた誤解を解くと共にその後の婚活とこれからの婚活を
テーマとした続編の
「婚活」症候群』(同・2013/7/20刊・ディスカバー携書)

そこで『「婚活」症候群』を参考にさせて頂きながら、「結婚」と
これからの「婚活」を考えていきます。

第1章【「婚活」流行の背景と影響】(山田昌弘)
第1回:「婚活」ブームがもたらした認識の変化「結婚できない不安
第2回:「婚活」が恥ずかしいことではなくなった時代の幕が開いて
第3回:『「婚活」時代』の誤算、恋愛抜きの結婚願望?

今回は、第4回、第1章の最後です。
--------------------------------
 意図せざる結果2 少数になった高収入男性をつかまえたい
--------------------------------

「婚活」時代』のなかでは、年収が高い男性は少数になっていると、
何度も繰り返し述べています。
 いくら婚活しても、全女性が高収入の男性と結婚するのは無理ですし、
確率はどんどん低下しています。
 だから、女性は共働きを覚悟するのがよいと言っているのですが、な
かなかそうなりません。

「高収入の男性が少数なら、早くつかまえなければ」という意識が、
しろ強まっているのが、もう一つの意図せざる結果です。
 本当は、収入に依存した結婚はやめようという提案だったのですが、
これはもう出版直後から始まっていた誤解です。

 女性の三分の一が希望する年収600万円以上の適齢期の未婚男性は、
5.7%しかいない。
 だから、それは宝くじに当選するような確率の低いものだ、と言った
つもりだったのですが、結局宝くじに当たる方法を探すほうに走ってし
まった。
 事前のスクリーニングが厳しくなった、それが男女交際は不活発にな
った一つの要因かもしれません。
 女性は、収入が不安定な男性ははなから避ける。
 男性は、収入に自信がないから、声もかけられない。

 若者の経済力低下は、この5年で改善していません。(本書は2013年7月月刊
リーマン・ショックの影響もあるのでしょう。
 大きく悪化しているわけではないにしろ、男女とも若者の正社員比率
は低下し続けています。

<2009年明治安田生命生活福祉研究所・全国調査結果(20~39歳)>
 女性は、三分の二以上が、年収400万円以上の男性を求めているのに、
それを満たす男性は、4人に1人しかいません。
 また、20歳から39歳までの男性の4割近くが年収200万円未満なので
す。

<国立社会保障・人口問題研究所・調査>
 2005年から2010年にかけて、男女とも、未婚者の正規雇用率は低下
しています、
 30代未婚男性の正社員率は、55%に過ぎません。無職も12%です。

 これは、個人的にはどうしようもないのですが、今まで通りの「男性
がメインで生活費を稼ぐ」という昔のモデルに固執する限り、結婚が増え
ることはないのです。

13
--------------------------------

確かに、厳しい時代です、
とにかく、自社の経営が将来も安泰、と自信をもって言える企業経営者は、
少なくなっていること。
紛れもないことと思います。
しかし、そのことを責めることはできない。
私はそう考えます。

ほとんどの人がサラリーマン化し、企業や役所、団体・組織の職に就くこ
とを前提とした社会。
その当たり前の構造を変えていく・・・。
結婚が当たり前、努力しなくても結婚できた時代、社会が、婚活を必要と
する、婚活しなければなかなか結婚できない社会、婚活してもなかなか希望
の条件での結婚ができなくなった状況。
だから婚活する。婚活が進化する。

それと同様に、だれもが希望する就職・就労ができなくなった時代・社会。
そこで就活!
そこで就活のあり方を変えていく。就活が進化する・・・。
とはいっても、相手があること。
仕事先があることが前提。

そろそろ、就職する、という考え方を変えるべきと思うのです。
 就活ではなく、起業活動「起活」、独立・自営活動「独自活」。
自ら業を起こし、自分自身が経営者・雇用者であり、従業者・被雇用者で
もある。
いきなりではなく、どこかに就労しながら、独立自営化する準備を進め、
タイミングを捉えて起業・独立する。
農業もその中に入れるべきでしょう。

そういう仕事のあり方、生き方が、人生設計・働き方の選択肢として当た
り前になる。
そのための教育が、中学生段階から始まる。
カリキュラムに入ってくる。
その指導・教育は、当然従来の教師・教員には無理なので、指導者もカリ
キュラムもまったく新しく創造する。
もちろん、起業するための専門知識や技能・スキルのラインアップも、こ
れからの社会のニーズをとらえて整備拡充する必要があります。

そういう当たり前が備わった社会をこれから創造する。
しかし、本来は、そういう環境がなくても、自分にその気があれば、勉強
も準備もできる時代なんですが・・・。

当たり前が変化していくのを待つのではなく、当たり前を変革していく。
結婚や出産への意識・認識が、ダイバーシティの要素に普通に加えられ、
多様な生き方を認める時代・社会です。

仕事・就労も、ダイバーシティの要素として、従来の受け身の当たり前を
変えていく時代・社会にある、そうすべき、と思うのです。
夢を現実にすることが当たり前の生き方。
自営・起業・独立・・・。

「結婚、してみませんか」と同様の感覚で
「自営、起業、独立、の生き方・働き方、してみませんか」

夫婦での起業・自営化も望ましいですね。
婚活のあり方にもきっと影響を与えると思います。

 次回から、第2章「婚活」の誤解と限界(白河桃子)に入ります。

5

-------------------------

「婚活」症候群』の構成は、以下のとおりです。
1.「婚活」流行の背景と影響(山田)
2.「婚活」の誤解と限界(白河)
3.婚活の現実と格差 あきらめる男性、疲れる女性(山田)
4.限界を突破するには(白河)
5.婚活の社会的効用 少子化対策としての婚活(山田)
6.進化する婚活(白河)
7.地方の婚活、世界の婚活(山田+白河)

-------------------------
◆結婚って何?、何のために結婚?を考える「結婚、してみませんか」シリーズ
◆『恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚
牛窪恵さん著・2015/9/30刊・ディスカバー携書)

関連記事一覧