学ぶ「妊活」と、再考する「婚活」:『妊活バイブル』から(1)

人の生涯をなぞり、できるならば人、皆が幸せな一生を!と願って
ライフステージやライフスタイルを考えることがテーマのブログ
<世代通信.net>。

結婚・婚活をテーマにしてのシリーズの一つとして
「婚活」時代』(2008/3/1刊)続編の
「婚活」症候群』(白河桃子・山田昌弘氏共著・2013/7/20刊)

を参考に、これまで、以下紹介しつつ考えてきました。

第1章【「婚活」流行の背景と影響】(山田昌弘)

第1回:「婚活」ブームがもたらした認識の変化「結婚できない不安
第2回:「婚活」が恥ずかしいことではなくなった時代の幕が開いて
第3回:『「婚活」時代』の誤算、恋愛抜きの結婚願望?
第4回:希望年収600万円以上の適齢期の未婚男性5.7%の狭き門への戦い

第2章【「婚活」の誤解と限界】(白河桃子)
第5回:結婚に対する意識の変化を提案した『「婚活」時代』が生んだ誤解
第6回婚活公認で女性がポジティブに。そして婚活未成就の負のサイクルが?
第7回婚活ブームは「再婚活」「晩婚活」を呼び、婚活格差を招いた?
第8回:「釣り堀婚」「価格.com婚」そして「ロトくじ婚」?
第9回結婚相手を選ぶ意識の変化以前に必要な、結婚への意識・考え方
第10回:強い女子力でも困難になった婚活時代は自活女子をめざす時代
第11回:「自活女子」「自活男子」化で一億総モラトリアム社会から脱却
第12回:社会的不妊と少子化を招く社会的不婚・未婚化改善のための働き方改革
第13回:「婚活」から「妊活」へは自然な流れ?

第2章の最後に、「婚活」の提案時に、コンセプトの提案はしたが、仕掛けや
アイデアの提案がなかったがために、誤解を受けたことを反省。
「婚活」の後を受ける形での「妊活」をテーマとして出版した
妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』(2012/3/20刊)
では、コンセプトとアイデアを一緒に提案した、とありました。

そこで、「妊活」も世代通信.net のテーマの一つということもあり、「婚活」
シリーズを取り上げるペースを少しずらし、この妊活書の方を紹介をしてい
きたいと思います。

今年前期高齢者の仲間?入りをした男性が、妊娠・妊活について書くことは、
ある意味気味悪がられるのでは、と思うのですが、既に子育ても遠い過去の
事となっており、孫の成長を楽しみにしている人畜無害の「ジージ」がやって
いることとお見過ごし頂きたいと思います。

結婚も妊娠・出産も、男性と女性の合意と共同作業であるわけで、特に男性に
も知って頂きたいという思いが強くあります。
恥ずかしいお話ですが、この年になって『妊活バイブル』を読んで初めて知った
ことがある次第で、「知っておきたいこと」「知らないより知っておいた方が
いいこと」などを、同書からその一部を紹介していきます。

初回は、本文に入る前に、著者白河桃子さんによる序文を、紹介します。

---------------------
 はじめに
---------------------

いつかは子どもを産みたい・・・。
そう願うあなたのために、この本を作りました。
今は仕事もプライベートも忙しい。
パートナーがいない。
結婚しているけれど、まだ子供は持てない。
夫が協力的ではない。
出産して今の仕事を続けていけるか心配。
なかなか妊娠できない・・・でもいつかきっと子供を産みたい。
ママになりたい。

少子化と言われても、子供を持ちたくないわけではなく、それが叶わない
さまざまな事情をみんなが抱えています。
一人で悩んでいる人も多いと思います。
彼ができる前から、私って子どもを産めるの?
いったいいくつまで妊娠可能なの?
不妊治療ってどんなことをするの?
と不安な人も多い。
20代独身向け女性誌でも「妊娠特集」が組まれる時代です。
しかし知識を得る機会は少ない。
2012年2月14日のNHK「クローズアップ現代」で「卵子の老化」が特集さ
れましたが、「知らなかった」と衝撃を受けた方もたくさんいました。

 2012年の日本の推計人口は1995年生まれの女性の20.1%が50歳時点で未
婚、同年代の女性のうち35.6%が子供を持たないという推計を出しています。
 つまり、5人に1人が結婚せず、3人に1人が子供を持たないわけです

 この時代に、女性はどうやったら「生み育てること」ができるのか?
 妊活とは、決して不妊治療だけのことではなく、産むためのハードルを
いかに超えていくかの話です。

 女性たちの不安や疑問に、
国立成育医療研究センター母性医療診断部不妊診療科医長の齊藤英和先生と、
少子化ジャーナリストとして婚活を提唱した白河桃子の2人で応えようとし
たのがこの本です。
 妊娠の知識を得ることは、ライフプランの基本です。
 齊藤先生の章には、教科書で教えてくれなかった「妊娠」について、卵子
から不妊治療まで、最前線の専門家しか知りえない知識が詰まっています。
 そして私(白河)は、統計などでは拾えない、子供を持てないさまざまな
原因について言及し、そのハードルを越えるためにいかに現代女性が努力し
ているかをレポートしました。
 その姿は後に続く女性へのヒントになるはずです。

これからは好むと好まざるに関わらず、「働きながら産み育てる」社会
なります。
 男性が一人では一家を養えない時代だからです。
 それなのに、若いうちに出産、子育てを果たせないのは、「若いうちに、
働きながら子供を産み育てる」社会の設計ができていないということです。

 しかし、社会が整うまで、カラダは待ってはくれない
 自らの将来を決めるのは自分です。
 知識を持ち、ライフプランを考え、この産みにくい時代に、子供を持って
いただきたい。
 この本がそのためのヒントになれば、幸いです。

イクメン1
--------------------------

とあります。
本書のすべてをご紹介できませんが、特にお伝えしたい章を選んで、一緒
に考えていきたいと思います。

なお、このシリーズで少しづつ見ていくのはまだるっこしい、早く知りた
いとお考えでしたら、ぜひ、この『妊活バイブル』をお求め頂き、読んで
頂きたいと思います。

次回から、白河さんによる第1章「婚活時代は妊活時代」を2回に分けて
紹介します。
その後、齊藤先生による第2章「教科書が教えてくれなかった卵子の話」
を2回で、と予定しています。
特に、男性にもお付き合い頂き、知って頂きたい内容です。

わたしは、「妊活」を学び知ることは、「婚活」「結婚」を考えることでも
あると思っています。
上記の婚活シリーズや、「何のために結婚するのか」を考える
「結婚、してみませんか」も時々チェックして頂ければ・・・・。

042

関連記事一覧