2017年1月1日施行改正育児・介護休業法の概要:フランスの制度とに大きな違い

2017年1月1日に施行された改正育児・介護休業法

 介護休業法に関する改定内容は、<介護相談.net>の以下のブログで触れました。
2017年1月1日施行改正育児・介護休業法:日経社説主張の<働き方改革>の根幹を考える

今回、育児休業に関する改正内容について、こちらで紹介しておきたいと思います。

その前に、今回の改正の前の法律の内容を確認しておいた方がよいと思いましたので、平成21年改正時に
作成・公開された資料をまず転載します。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【平成21年改正・平成28年12月31日まで運用の育児休業制度の概要】

前育児法1

前育児法2

前育児法2-2

前育児法3

前育児法4

前育児法5

以上が、平成21年に改正され、昨年12月31日まで運用された育児休業法の概要です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この法律が、今年1月1日から以下の項目について改定されました。

 

仕事育児両立支援制度1

仕事育児両立支援制度2

仕事育児両立支援制度3

となっています。

抜本的な見直しというレベルのものではありません。

実際に求められているものなのか、その程度も含め、何らかの調査の上改定されたものなのか。
この法律に規定されている内容に従って、制度の周知を初め、従業員が利用しやすい職場環境を形成する
活動を確実に行った企業に対して、<両立支援等助成金>を支給する制度があること。
そのための業務と手続きについて、前回
父親の育休取得推進策の前に、父親の産休制度の導入を:『フランスはどう少子化を克服したか』より(14)

で紹介しました。

連載中のフランスの制度との大きな違い。
益々感じてしまいます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

フランスはどう少子化を克服したか』(高崎順子氏著・2016/10/20刊)。

「はじめに」
第1回:衝撃の実態・制度を、仏在住日本人ママが体験調査レポート
第2回:日仏の保育政策・制度の違いは、子育てに対する認識の違いにあり
第3回:親だけで子供を守り育てることはできないと考える仏社会
「第1章 男を2週間で父親にする」
第4回:イクメンなど足元にも及ばぬフランスの「男を父親にする」産休プログラム
第5回:男の産休=出産有給休暇3日間+11日連続「子供の受け入れ及び父親休暇」=有給
第6回:日本にもフランス風に、イクメン養成初級プログラムを育児有給休暇制度で!
第7回:フランスのパパは、育児を手伝うのではなく、分担する!
第8回:出産ファースト、育児ファースト。父親産休は当たり前のフランス文化
第9回:家族政策の大転換に成功したフランス。家族制度を払しょくできない日本の少子化政策
第10回:10年余で実現・定着したフランスの「父親育児」システムの要諦
第11回:フランス人男性の、妊娠・出産、父親になることへの意識レベルは?
第12回:夫と妻の育児方針と家事分担をめぐる課題
第13回:子育て責任を強要されるかのような過剰父親育休制度の違和感
第14回:父親の育休取得推進策の前に、父親の産休制度の導入を

 

関連記事一覧