ミドルエイジクライシスを乗り越えるヒント『男性漂流』から、男性介護問題を考えるブログ

 

「現代社会において、 中年男性は漂流しているように見える。
 そして、男であるがゆえに、様々な問題に脅え、世間の目を著しく
こわがっていた------
 本書に登場するのは、どこにでもいる市井の人々。
 事の善悪や成否など簡単には割り切れない幾多の問題にもだえ苦しみ
ながらも、何とか活路を切り開こうと必死に努めている等身大の男たちを
描いている。
 そうして、その何気ない日常には、衝撃的な事実が潜んでいた。
(略)
 中年男性が苦悩の淵に追い込まれている数々の問題の中から、
「結婚」「育児」「介護」「老い」「仕事」という5つのテーマを取り上げる。
 多くがいまだ暗闇から抜け出せずにもがいているのが実情ではあるが、
あえて自らの意志と努力で希望の光を見出した男たちの生き様を中心に紹介。

 ミドルエイジクライシスを乗り越えるヒントを、受け取って・・・」

とまえがきにある
男性漂流 男たちは何におびえているか』
奥田祥子さん著:講談社+α選書・2015/1/20刊

その<第3章 介護がこわい>は
男性も親の介護を担うことが当たり前になり、避けられなくなり、義務化して
いく今とこれからを考えるシリーズ です。

介護が、だれもが関係する時代になった社会で、男性の介護も当たり前に。
介護離職や、高齢者・要介護者への暴力、介護独身男性の生活困窮、などさまざま
な問題が顕在化・問題化しています。

これらをテーマに、この書を引用し
別のブログ、介護相談.net で、2105/10/2から、以下の10回シリーズで考えてみました。

第1回:ケアメン、男性介護が当たり前の時代
第2回:悠々自適な「中年パラサイト」から介護生活へ暗転
第3回:増えるシングル男性介護者。男性よ家事力を!
第4回:家事力強化、介護知識、介護休業制度。介護生活への備えを
第5回:介護不安を取り除くために、聞く、調べる、知る行動力・社会性を
第6回:介護生活が予想される人に必要な備え
第7回:家族介護における高齢者虐待の側面
第8回:「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」(男性介護ネット)に参加を
第9回:男性介護者の誰もが持つ深い悩み。男性介護ネットを利用して!
第10回(最終回):社会と個人が作る、男性介護者が孤立しない社会

ちょっと前書きが大げさな感じがしますが・・・。
ご関心をお持ち頂けましたら、チェックしてみてください。

 

悩み

なお、この世代通信.net では、いずれ同書の
<第1章 結婚がこわい> と <第2章 育児がこわい> をテーマにして
男性にとっての結婚と育児問題を考える予定です。

0418c21182a1f2db179d09a9dc992749_s

-----------------------------
【奥田祥子さん・プロフィール】
ジャーナリスト。1966年、京都市生まれ。
1994年、米・ニューヨーク大学文理大学院修士課程
(メディア論、社会心理学専攻)修了後、新聞社入社。
男女の生き方や医療・福祉、家族、労働問題などをテーマに取材を
続けている。
所属部のリストラを契機に、本格的に独自の活動を開始。
著書:「男はつらいらしい」(新潮新書)他。
独身で、唯一の肉親である母親を介護している

関連記事一覧