潜在的待機児童100万人超の現実と政治家・官僚の感覚麻痺:日経<保育所のナゾ>から(1)

日経による、2016/3/31からの【保育所のナゾ】と題した特集。

子どもを保育所に預けたくても預けられない待機児童問題。

参院選の争点になることを恐れた安倍晋三政権は慌てて対策づくりに
乗り出したが、そもそも保育所はなぜ足りないのか。
3つの疑問」を調べた。

という視点から論じた3回シリーズの第1回を紹介します。

---------------------------
 待機児童ホントは何人? 100万人超の試算も
--------------------------

「本当は認可保育所がよかったんだけど・・・・・」。

2歳の娘がいる東京都の主婦、梅川奈緒子さん(37歳)の表情はさえない。

2014年秋から預け先を探し回った。
保育所の助けが要ることをアピールするために土日は子どもを夫に預け
て働きにも出たが、近くの認可保育所には軒並み断られた。

 2月末にようやく見つかったのが地域の認可外保育所。
ただ保育料は月4万7千円と認可保育所の月2万5千円の倍近い
結局、今でも認可保育所への転園を目指して申し込みを続けている。

 保育所に入れない待機児童は全国に何人いるのだろうか。
 厚生労働省の説明では昨年4月時点で2万3千人。
 ただここには梅川さんのような例は含まれない。
 2001年に待機児童の定義を変更。
 やむなく認可外保育所に通っていたり、特定の認可施設を希望して空き
がある施設の入所を断ったりしたケースを待機児童から外したからだ。


※同記事中の画像をそのまま転載させて頂きました。

 野党から「なぜ数字を小さくみせるのか」と追及された厚労省は昨年4月
時点で「潜在的待機児童」が6万人いることを明らかにした。
だがこの2つの人数を合わせた「8万3千人」という数字でさえ実態に
はほど遠いとの指摘がある。

 「本当の待機児童は171万人」。
 民間シンクタンクの社会保障経済研究所は最近こんな試算をはじいた。
 これは子どもを預けて働きたい気持ちがありながらも「どうせ保育所に
空きがない」と申し込んでいない人を含めた数字だ。
 意欲あるすべての人が働ける環境をつくる「一億総活躍」の観点に立て
ば、この人数こそが「潜在的待機児童」ともいえる。

 塩崎恭久厚労相は待機児童の範囲を狭くとらえて公表していることに
ついて「緊急性の高い人を把握するため」と説明している。
 ただ「待機児童が膨らんで巨額の予算が必要になることを避けようと
しているのではないか」(社会保障経済研究所の石川和男代表)との指摘
もある。

 共働きが主流になり、保育サービスの需要はどんどん拡大している
14年度の1年間で保育受け皿は14万6千人分増えたのに、厚労省が公表
する待機児童数はこの間に逆に約1800人増えた。

 仕事との両立に悩む親たちは保育所に滑り込もうと必死だ。
「彼女が辞めると地元の医療は崩壊します」。
 東京都の30代の女性医師は上司のこんな推薦状を提出し、諦めかけてい
た保育所入所を勝ち取った。
 保育所入所の「テクニック」を指南するマザーネットの上田理恵子社長
のアドバイスが奏功した。

 政府や自治体が待機児童の実態に向き合わない限り、保育所を巡る親
たちの切実なバトルはもっと過熱しかねない。

子ども8
---------------------------------

国のいい加減な政策が、自治体のいい加減さを招き、どちらも責任を取ろ
うとしない・・・。
情けない限りですが、公務員の持つ性質の一面です。

「待機児童の範囲を狭くとらえて公表していることについて「緊急性の
高い人を把握するため」・・・。

子どもは、間違いなく、1年ごとに1歳年長に・・・。
だから、保育園入所に本来待機期間などあり得ないのです。
入園を希望するすべての子どもに緊急性があるはず・・・。
大学入学の浪人とは違うのですから・・・。

どうせ言い訳するなら、もう少し説得力のある言い回しにしろよ!と言い
たくなる、子どもじみた言い回し・・・。
現実が分からない官僚の考えた表現をそのまま言い伝えている大臣も大臣。
昔は期待された若手政治家だったんですが、見る影もない、じゃなくて、
影だけが残っている、というべきか、な・・・?

いずれにしても、女性活躍のための付け焼刃にもならない、現状の保育所・
子育て支援・待機児童対策。

どこかで、現代版女性一揆を起こせばいいのに、と、能天気に思ってしま
うのですが・・・。

やっぱり政治自体を変えないといけないんじゃないかと思います。
国政がそのターゲットなのですが、まずは身近な地方政治から・・・。

別ブログ<大野晴夫.com>の<地方・観光>及び<社会・経済>カテゴリ
ーに関するテーマになりますが、今読んでいる
地方議員の逆襲』を参考にして、近々、女性活躍の社会インフラ化を考
えていくことにしたいと思っています。

主に企業で働く女性に視点を当てて、女性活躍社会を創出すべきというテー
マで、当ブログでは、
「『女性活躍後進国ニッポン』から」シリーズを継続しています。

怒4

関連記事一覧