セイフティ・ネットとしての結婚・家族以前に、親密性の優位性は無理?

結婚と家族のこれから 共働き社会の限界』(筒井淳也氏著・2016/6/20刊)
を参考にして、結婚と家族を考えるシリーズです。

「第4章 「男女平等家族」がもたらすもの」

第1回:成人親子未分離社会で、未婚化・非婚化はどこへ向かうか
第2回:ミレニアル世代、ブーメラン・キッズ。欧米と共通するパラサイト世代
第3回:「結婚、出産が当たり前でない」という理由付けが得意な人間の理性・知性
第4回:共働き先にありきではない、同棲・結婚・家族形成という人生の選択肢
第5回:出生率が高くなる共働き社会に落とし穴?
第6回:トランプ政権で厳しくなる不法移民のベビーシッターやナニー活用の行方
第7回:ナニー、ベビーシッター活用に見る文化の資質性と問題点
第8回:共働き夫婦に必要な家事・育児等家庭作業の分担決め
第9回:仕事か結婚か、仕事か家事か。作業と憩いが混然とする共働き社会

今回は第10回です。

------------------------------
 第2節 家庭が(再び)仕事場に? (3)
------------------------------

164~166ページの内容をまとめました。

いざというときのセイフティ・ネット

アメリカでは結婚、再婚、同棲といったかたちで家族を、そして子どもを作る
ことを望む人は
多い。ある程度の苦痛をともないながらも人々が家庭生活を成立
させよう
とあれこれもがくのは、やはりいざというときのセイフティ・ネットは
会社では
なく家族だと考えている。

 また、政府があまり個人の面倒を見てくれない国であり、それだけに家族を大
事にする度合いがおそらく日本よりも強い社会だ

そのため、
男女対等な共働きカップルは、小さな政府のアメリカ社会において
は、個人
の重要な生存戦略になっている

019

※次回から、「第3節 共働き社会がもたらす格差」 に入ります。

---------------------------------------

「自由な親密性」から想像されるのは、相互の愛情に基づく関係性。
それが結婚という形式の根本的な要素・要因と私は思っています。
ただ、愛情の濃厚さ・濃密さや、あり方は、個々のカップルによって異なって
当然と思います。

それ故に、親密性には保証はなく、自然な結婚行動と同様に、その親密性が壊
れたり、維持できなくなった時には、簡単に、離婚行動を選択する。
これも欧米社会の人間関係、親密性のあり方に関する特徴と言えるでしょう。

感覚的ですが、日本人の場合には、親密性が結婚行動の最大の、もしくは根源
的な要素・要因では決してない・・・。
そう思います。

結婚が当たり前、お見合い結婚が当たり前であった時代には、そもそも親密性
が結婚の前提、などということはなかった。
しかし、恋愛結婚が当たり前になったと見られた社会においても、本質的に、
情動面、親密性が結婚行動の最大の要因にまでは至っていなかった・・・。
男女関係のあり方、幼少時からの、とりわけ、思春期以降の男女の交流や交際
のあり方が、欧米と日本では根本的に違ったのですから。

それが、結婚観、結婚・離婚行動、あるいは同棲も含めた男女関係を巡る、精
神と行動を巡る大きな違いとなっていると考えます。

どちらかというと内向的で、奥手?の日本人。
その苦手な親密性に、収入や雇用の不安定さが加わると、やはり非婚・未婚に
逃げる、結婚を回避する傾向は一層強まる。

共働きカップルに、セイフティ・ネットとしての結婚と家族機能への希望が
遠のいてしまうのも已むをえないでしょうか・・・。
悲しく、残念なことですが・・・。

042

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

文中の「リンダ」と「ティミーの父親」夫妻については、Arlie Russell Hochschild
アーリー・ホックシールドによる『管理される心―感情が商品になるとき』(1983年刊)
で描かれているようです。
本書を読んでいないので、もしかしたら別の書かもしれませんが・・・。

--------------------------------

【『結婚と家族のこれから 共働き社会の限界』構成】

はじめに
第1章 家族はどこからきたか
第2章 家族はいまどこにいるか
第3章 「家事分担」はもう古い?
第4章 「男女平等家族」がもたらすもの
第5章 「家族」のみらいのかたち
あとがき

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【筒井淳也氏・プロフィール】
◆1970年生まれ。一橋大学社会学部卒業、同大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
 博士(社会学)。現在、立命館大学産業社会学部教授。
 専門は家族社会学・計量社会学。
◆著書:『制度と再帰性の社会学』『親密性の社会学―縮小する家族のゆくえ
仕事と家族 – 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか』など。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

関連記事一覧