結婚規範を形成する合法的セックス相手確保願望

 

超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃』(荒川和久氏著・2017/1/17刊)を
紹介しながら、結婚・非婚の生き方を考えるシリーズを、3月から始めています。

今回は、「第1章 増えるソロで生きる人たち」第1章第6項の(1)、6回目です。

-----------------------
 根強い日本の結婚規範(1)
-----------------------

 内閣府が2015年に実施した「『少子化社会』に関する国際調査・報告書」に、

結婚意識国際比較

結婚意識国際比較2

 

3

 

※次回、根強い日本の結婚規範> の残り部分で

------------------------------

結婚規範。
どうもこのように用語定義と行動定義を一義化されることには、微妙な違和感
を持つのです。

というのは、結婚とはどういう目的でおこなうものという基準・考え方、受け
止め方が、決して一義的なものではないと考えるからです。

結婚しなければ普通じゃないとみられる・・・。
その裏には、その背後には、推察するに、異性とのセックス、性愛に対する意
識がある(ケースが多い)。
そう考えるのです。

欧米における、小さな子どもの時からの両親の行動、あるいはティーンエイジ
の男女の交際・交流のあり方、キスを含め肌を接する、肌を見せることに対する
意識の普通性・日常性と日本社会での大きな違い。
それは、男女関係の行動に大きな違いをもたらしていることは言うまでもない
でしょう。

欧米でのボーイフレンド、ガールフレンドには、セックス関係を持っているこ
とを含んでいることで、その違いが歴然としています。

日本人の結婚規範を形成する要素・要因の一つに、あまりというか、種々の調
査では表面化されないのですが、異性とのセックスに対する意識と行動があるは
ずです。

もちろんそこには個人差があるのですが、結婚願望の高さは、セックスの相手
を合法的に確保し、結婚という形式に則って、合理的・合法的に行為することを
希望することを含んでのことと考えます。

結婚願望が希薄になっていくのは、セックス相手を合法的に確保することを諦
めることで・・・。そんな要素もあるのでは、と・・・。

結婚規範は、異性との関係を持つことができない人間と思われたくないことか
らの脅迫観念がもたらすモノ。ごく一部ではありますが、それも一つの要素。
そこに、経済的条件が満たされているか否かという条件が絡むことも、当然あ
るはずです。
お叱りを受けそうですが・・・。

経済的に恵まれ、女性との性的な関係を持つ機会が多い男性に、結婚したいと
さほど思わない人も多々いる・・・。
ちょうど裏表の事情を示しているのではと思います。

男性からの視点が強いと思われるかもしれませんね・・・。
女性は女性で、別の考え・感覚を持つ方がほとんどかもしれません。

もっと日本人の男女関係の行動パターンに、同棲を選択することが普通になれ
ばいいのに、と思うのですが、なぜ増えていかないのか・・・。
結婚というオフィシャルな形式をとらずに、同棲という、私的で、実験的な、
かつ経済合理性をも含む自由な男女関係のあり方。
そこから一層の愛情を育み、他にも認めてもらおうとする関係に至る。
あるいは、思い、願いとは異なる関係を知ることでお試し期間を終える。

そういう自由度を持った生き方。
やはり、小さいころからの異性との接し方の彼我の違いが大きいと思います。
それが、結婚に対する考え方の違いの源。

そこにも、視点をあてた議論・分析が必要と思うのですが・・・。

1
--------------------------

【『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃』構成】

はじめに
第1章 増えるソロで生きる人たち 
第2章 ソロで生きる人々を許さない社会
第3章 男たちは嫌婚になったのか
第4章 結婚してもソロに戻る人たち
第5章 ソロたちの消費
第6章 ソロ社会の未来
おわりに 

----------------------------
【荒川和久氏プロフィール】
◆博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクト・リーダー。
早稲田大学法学部卒業、博報堂入社後、自動車・飲料・ビール・食品・化粧品
・映画・流通・通販・住宅等幅広い業種の企業プロモーション業務を担当。
キャラクター開発やアンテナショップ、レストラン運営もてがける。
◆独身生活者研究の第一人者として、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・WEB等、
メディアの多数出演。
◆著書:『結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル



--------------------------------

2月からシリーズを始めた『結婚と家族のこれから 共働き社会の限界
筒井淳也氏著・2016/6/20刊)を参考にした「結婚と家族のこれから」
シリーズと並行して進めていきます。

「第4章 「男女平等家族」がもたらすもの」
第1回:成人親子未分離社会で、未婚化・非婚化はどこへ向かうか
第2回:ミレニアル世代、ブーメラン・キッズ。欧米と共通するパラサイト世代
第3回:「結婚、出産が当たり前でない」という理由付けが得意な人間の理性・知性
第4回:共働き先にありきではない、同棲・結婚・家族形成という人生の選択肢
第5回:出生率が高くなる共働き社会に落とし穴?
第6回:トランプ政権で厳しくなる不法移民のベビーシッターやナ+ニー活用の行方
第7回:ナニー、ベビーシッター活用に見る文化の資質性と問題点

関連記事一覧